腹痛

注意すべき腹痛症状

腹痛には、さまざまな種類があります。腹痛の状態に応じて緊急性が高くなります。腹痛に伴ってほかの症状がある場合や、特定された条件で発生した腹痛の場合は、速やかに専門医を受診してください。

緊急性が高い胃痛

  • 腹痛に伴って血便がある場合
  • 腹痛に伴って吐血をした場合
  • 魚介類を食べたあとに急激に発生した腹痛
  • お腹を刺すような腹痛
  • 歩くと響くような腹痛
  • 腹痛を放置する危険性

診察が必要な胃痛

  • 慢性的に腹痛が続いている場合
  • 腹痛に伴い他の症状がある場合
  • 便秘と下痢を繰り返す腹痛
  • 食事をする度に痛む場合

緊急性が高くない胃痛

  • 痛みがさほど大きくない
  • 腹痛が短時間で治まる場合
  • 腹痛が繰り返されない

腹痛が発生する原因

腹痛には、器質的な原因があるものと、機能的な原因があるものに分けられます。大腸がんや炎症性腸疾患などは器質的原因に当てはまります。また、便秘や下痢を繰り返す過敏性腸症候群などは機能的原因に当たります。

腹痛を伴う消化器疾患

腸閉塞

何らかの原因によって腸管が塞がれている状態を腸閉塞と言います。腸管内の食べ物や胃液・ガスなどが肛門側への移動を障害されます。腸管が塞がれるとさまざまな症状が伴いますが、その中で強い腹痛が発生する場合があります。緊急性が非常に高い消化器症状です。

急性虫垂炎

一般的に盲腸と言われています。盲腸部分に異物や糞石・消化物が溜まり、虫垂内の閉塞を起こしてしまいます。激しい腹痛が発生するのが特徴です。最近では抗生剤の服用によって治癒する場合も多いですが、緊急手術が必要な場合もあります。手術の時期を逃すと、腹膜炎など重篤な合併症を起こす恐れがあります。

急性胆のう炎

胆のうが炎症する病気を胆のう炎と言います。胆嚢管に胆石が発生してしまい、詰まることが原因です。急性胆のう炎の症状が深刻な場合は手術を行います。放置すると重症化することがあるので注意が必要です。

急性胃炎

胃腸にストレスが加わることで急激な炎症を起こす状態を急性胃炎と言います。急性胃粘膜障害などが当てはまります。この場合、早急な検査と投薬を行います。

胃・十二指腸潰瘍

胃や十二指腸の粘膜が胃酸によって傷つけられて炎症を起こす状態を胃・十二指腸潰瘍と言います。ピロリ菌の感染などで胃酸の分泌が過剰になり、十二指腸へ胃酸が流れ込み、十二指腸の表面がただれて潰瘍が出来てしまいます。痛みや過酸などの症状が見られますが、出血が伴う場合は緊急性が高いとされます。

急性腸炎

何らかの原因で腸内が急激に炎症を起こす病気を急性腸炎と言います。感染性の場合と非感染性の場合があります。腹痛を伴った下痢が主な症状ですが。血便を伴う場合には同日に大腸内視鏡検査を行うことがあります。

胆石症

胆のうに石ができる病気を胆石症と言います。胆石が胆のうの出入口を塞ぐことで痛みが生じます。この状態が長く継続すると急性胆のう炎となります。

胃がん・大腸がん

腹痛の原因が胃がんや大腸がんの場合は、早急な治療が必要です。胃がん・大腸がんの早期発見のために内視鏡検査が必要となります。気になる腹痛がある場合は、内視鏡検査を受けてください。

過敏性腸症候群

ストレスなどの影響で自律神経機能が乱れて、腸機能が低下することで起こります。主な症状は、下痢や便秘などの便通異常を起こし、急激な腹痛が一時的に発生します。

大腸憩室炎など

何らかの原因で、大腸に憩室という袋状に突出したものに細菌感染が起きた状態を大腸憩室炎と言います。腹痛や発熱が伴います。憩室は壁が薄いので炎症を起こすと穿孔する場合があります。

腹痛の方への診断方法

上部内視鏡検査(胃カメラ)

上腹部の痛みがある場合におすすめする検査です。対象年齢はすべてが対象です。鎮静剤を使用するので、痛みや苦痛がありません。口または鼻からスコープを挿入していきます。病変を発見した場合は、その場で組織を採取して病理検査を行います。

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)

周期的な腹痛がある場合におすすめする検査です。左右側腹部などに鈍い痛みがあるときなどに行います。鎮静剤を使用するので、痛みがありません。ポリープなどの病変を見つけた場合はその場で切除することが可能です。

腹部レントゲン検査

腹痛の原因として腸閉塞の有無を簡易的に検査できます。X線でお腹の中の影を診ていき、ガスの状態で判断していきます。

超音波検査

腹痛の原因精査ができる検査です。さまざまな検査の中で最も侵襲がなく、簡単に受けられる検査です。超音波診断装置によってお腹の中を確認できます。肝臓・胆のう・膵臓・腎臓・前立腺・膀胱などの検査に向いています。

腹痛を放置する危険性

腹痛は消化器から発信される分かりやすい危険信号です。なかなか治まらない腹痛は軽視せずに、慎重に判断して消化器内科を受診しましょう。そのまま放置してしまうと、胃がんや大腸がんの発症リスクがあるため、注意が必要です。
当院では、腹痛症状をはじめ幅広い消化器症状に対応して診療を行っています。些細な症状から専門性の高い疾患まで対応しています。腹痛でお悩みの場合は、一度当院にご相談ください。

予約・お問い合わせ

ご質問やご相談は診療時間内にお電話ください。

診療のご予約はインターネットから24時間可能です

TOPへ